HOME>>フェレットQ&A

フェレットQ&A

ペットとして人気のフェレットを飼育している人も結構いるのではないでしょうか。日本での歴史はまだ比較的浅く、飼育方法などがきちんと知られていない場合も多いですね。ここでは、フェレットに関するQ&Aを載せています。疑問解決に少しでも役立てば嬉しいです。

フェレットに予防接種は必要?

ジステンパーという病気を予防するために、予防接種を受けることをおすすめします。強制ではありませんが、予防接種をしておけば万が一、ジステンパーにかんせんしたペットが近くにいても安心です。なお、予防接種は必ずフェレットの体調のいいときに受けるようにしましょう。

フェレットは夜行性?

もともとは夜行性だと言われているので、活動時間は基本的に夜です。けれど、フェレットの多くは、飼い主さんの生活時間に合わせて昼間でも活発に行動します。フェレットが起きている時間にたくさん遊んであげてくださいね。

フェレットはかじる?

個体によって、噛みグセの強い子、少ない子、全然噛まない子…様々です。噛む子もちゃんとしつければ治ります。成長してしまってからでは治りにくくなるので、小さいうちにしっかり教えましょう。2歳を過ぎてしまったら、しつけをするのは無理と思っていいでしょう。

フェレットの寿命はどれくらい?

寿命は6〜12年くらいと言われています。意外と長生きする場合がある一方、病気の多いことで知られている動物のため、短命の場合もあります。もちろん、飼い主さんの飼育のしかたによっても左右されます。

フェレットはにおう?

ペットショップで売られているフェレットのほとんどは、臭腺の除去手術をしているのでニオイはあまり気になりません。ただ、その子の体質や飼育のしかたによっても変わってくるので気をつけてください。ケージの掃除をまめにしたり、あまりにも気になるときはシャンプーしてあげるといいですよ。

フェレットの飼育に必要な費用はどれくらい?

飼っている数にもよりますし、動物病院などの料金設定にもよるので、正確な金額は言えません。ですが、目安としてはエサ代が1ヶ月に約1800円。月2回のシャンプーとなると 2400円のシャンプーで半年分。年に1回の予防接種が約6000円。健康診断は無料〜3000円くらいのものまで。フィラリア予防薬は季節時に約1000円。このようになります。さらに夏場はエアコンの電気代も考慮したほうがいいでしょう。

フェレットの複数飼いはできる?

フェレットは複数飼いもできます。フェレット同士で遊ぶことは、ストレス発散や運動不足解消にもつながります。ただ、まれに相性が悪い場合もあるので、そのときはよく観察しながら毎日徐々に慣らしていくようにしましょう。

フェレットを散歩させる必要はある?

散歩させても構いませんが、犬などと違い、フェレットは散歩が絶対に必要な動物ではありません。室内で遊ばせるだけで十分です。もし散歩させる場合には、2期の予防接種が終わって1週間後以降にしましょう。

フェレット専用の保険はある?

病気に備えて、保険に入っておくと安心です。病気になりやすいと言われているため、治療費が高額になってしまうことも…。ペット全般を扱うものもありますし、フェレット専用の保険もあります。会社によって様々なプランが用意されているので、必要に合わせて、検討してみるといいのではないでしょうか。

フェレットの里親の探し方は?

何らかの事情から手放さなければならなくなった場合、インターネットなどで里親を探すことができます。掲示板や参加型の情報サイトなどを利用して、里親を募集しましょう。本当に愛情を持って育ててくれる人を見つけてください!ちなみに、里親探しの前には必ず病院での健康診断が必要になります。

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us