HOME>>フェレットの主な仲間>>テン

テン

フェレットと同じイタチ科の動物として次に紹介するのは、テンです。上質な毛皮がとれることで知られているテンですが、その生態などを私たちはどのくらい知っているでしょうか。ここでは、体の特徴や生態、毛皮のことなどについて紹介していきましょう。「森の妖精」とも呼ばれています。

体の特徴

食肉目イタチ科テン属のほ乳類の総称を、テンといいます。アメリカテンやムナジロテン、それから北海道やサハリン、シベリアなどに生息しているクロテンなど…似たような種類のものはたくさんいますが、日本国内で「テン」と言ったら、普通はホンドテンを指しています。フェレットと同じように細長い体が特徴的で、体長はオスが約45〜49センチ、メスが約42センチとなります。体重は約0.5〜6キロと幅広く、シッポはオスが約17〜32センチ、メスが約20センチでわりと長めですね。また、もう一つ体の特徴として、毛の色変わりが挙げられます。ホンドテンのなかでも、一年中茶色で色が変わらない個体がスステン、夏は茶色だけれど冬になると鮮やかな黄色に変わる個体がキテンというふうに呼ばれています。この時季、キテンの足には黒褐色の毛が生えるんですよ。その姿から「森の妖精」とも言われているんですって。

生態

日本国内では主に本州、四国、九州などの山地や平野部の森林に生息しています。夜行性のため、日中は樹洞などで静かにしていて、夜になると活動し始めます。木登りが上手なので、イタチ科の動物の中では一番木の上での生活に適していると言われているんですよ。樹上生活に向いているなんて、高さの感覚がないフェレットとは大違いですね…。


雑食性でエサはウサギやネズミ、リス、果実などを食べています。秋には野ブドウやアケビなんかも好んで食べます。ただ、最近は森の中でエサを探すことが難しくなっていていることもあって、人里近くに姿をあらわすこともよくあります。


このほか、テンは基本的に単独生活をしています。繁殖期は春から夏にかけてと幅広いですが、ほとんどの出産は4〜5月となります。夏に繁殖期を迎えた場合、胎児が発育をとめてしまう妊娠遅延の可能性も考えられるでしょう。一度の出産で、2〜4匹の子供を産みます。

毛皮の利用

テンは、人間の生活とも大きく関係しています。人々は毛皮を手に入れるために、テンを捕獲するのです。様々な毛皮の中でも、特に寒い地域に生息しているキテンの毛皮は高級品と言われ、コートやマフラーなどに加工されています。最高級品とされているのは、背の下毛が白い根白(ねじろ)となっています。その根白に次いで、下毛が赤褐色の根赤(ねあか)、黒褐色の根青(ねあお)という順番になりますね。このように高級品狙いで、昔はかなり乱獲されたのではないでしょうか。テンに限らず、他の野生動物も守っていかなければなりません。

民家にあらわれるテン

真っ白な雪原にあらわれる野生のテン…。はじめから家畜として改良されてきたフェレットなどとは、全く異なった生活環境にいます。「生態」の項目で、“最近は森の中でエサがとれなくなってきたことから、人里近くに下りてくる”と述べたように、ここ数年で民家の庭などに姿を見せるテンも増えてきました。同じ野生でも、警戒心の弱いものから強いものまで様々。こういった野生動物の姿を写真に残そうと、カメラを構える人も少なくありません。フェレットそっくりの顔をしているため、なかにはペットとして飼えるんじゃないの?と思う人もいるようですが、フェレットと違って、もちろんペットにすることはできません。あくまでも、野生動物だということを忘れないように、そっと見守ってあげましょう。

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us