HOME>>フェレットを飼おう!>>飼い方

飼い方

フェレットを迎えるときには何を用意して、どんなものを食べさせればいいのでしょう?ここでは、初心者に向けてフェレットの基本的な飼い方を紹介したいと思います。用意するもの、エサ、トイレのしつけ、暑さ対策など…正しい飼い方を覚えて、フェレットと楽しく過ごしましょう。

用意するもの

初めてフェレットを飼育する際には、どんなものを用意すればいいのでしょうか。まずは、必要最低限のものをそろえましょう。もし、途中で必要なものがあれば、そのときに買い足してください。

ケージ

フェレット用のケージは、できるだけ床面積の広いものを選ぶようにしましょう。ペットショップで販売されているフェレットの多くはまだ小さいので、ケージも小さなものでいいように思いますが、成長すると体長は50センチほどにもなります。ケージの設置場所をあらかじめ決めておき、そのスペースに合ったケージを選んでください。また、ケージの入り口には、脱走防止のために必ずナスカン(留め金)を取り付けましょう。

トイレ

フェレット用のトイレには、数種類あります。ケージに入る範囲内で大きめで使いやすそうなものを選びましょう。水分を吸収するトイレ砂を使うのであれば、小動物用の固まらないタイプのものか、または紙製のものを用意してくださいね。

ハンモック

最初に購入するハンモックは、フェレットを暑い時季に飼い始めるなら夏用、寒い時季に飼い始めるなら冬用…というように、季節に合ったものを用意しましょう。それからフェレットの様子を見ながら、ハンモックの柄や大きさ、形などを選びつつ増やしていくことをおすすめします。

エサ皿と給水ボトル

ケージの中に置くだけのエサ皿は、やんちゃなフェレットにとって格好の遊び道具になってしまいます。すぐひっくり返してしまうので、ケージに固定できるタイプのエサ皿を選ぶようにしましょう。また、給水ボトルは大きく、掃除がしやすいシンプルなものにしてください。水の出具合の確認も要チェックです。

おもちゃ

遊ぶことが大好きなフェレットは、おもちゃを与えるとすごく喜びます!ねこじゃらしや犬用のおもちゃなどがいいですよ。ただ、フェレットが簡単に噛み切ってしまうものはやめてください。どんなおもちゃも遊んだあとは必ず、フェレットが届かない場所に保管しましょう。

エサ

フェレットは消化器官が短いため、エサの消化がはやく、3〜4時間ですぐで排泄されてしまいます。なので、エサはいつでも好きなだけ食べられるようにしておきましょう。専用フードが市販されています。また、主食のエサ以外にも、おやつはしつけや飼い主とのコミュニケーションを取る手段として効果的です。時々、適切な量を与えましょう。市販のフェレット用おやつのほか、猫用の缶詰や栄養補助剤などがあります。

与えてはいけないもの

乳製品、チョコレート、スナック菓子、ナッツ類、コーヒー、紅茶、アルコール、清涼飲料水、繊維の多い果物・野菜、ニンニク、タマネギ、その他の糖分・塩分の多い食品

トイレのしつけ

ペット飼育で気になるのはトイレ。フェレットはとても賢い動物なので、ちゃんとしつければトイレも覚えます。もともと決まった場所にする習性があるため、その習性をうまく利用すると、簡単にトイレを覚えさせることができますよ。フェレットが入れるくらいのサイズの四角いトレイをケージの中に設置します。初めてフェレットを飼うときなどは、トイレの中にフンを少し残しておくと、しっかり場所を覚えてくれるでしょう。エサを食べたあとや、寝起きにトイレに行くことが多いです。ケージの外で遊ばせるときは、トイレが済むのを待ってから、外に出してあげましょう。

夏の過ごし方

フェレットの理想的な飼育環境は、気温15〜22度、湿度40〜65%になります。フェレットの飼育で注意しなければいけないのは、夏の過ごし方です。暑さに弱いので、しっかり対策してあげなければいけません。発汗機能を持っていないため、高温多湿の日本の夏をエアコンなしで乗り切ることはきびしいでしょう。30度を越えてしまうとキケンになります。それを防ぐためにも、夏場は水遊びさせたり、寝床に素焼きの植木鉢を入れてあげるなど、涼しく過ごせるような工夫をしてください。このほか、ケージの設置場所にも心配りが必要です。直射日光のあたる場所や、エアコン・扇風機の風が直接あたる場所には置かないようにしましょう。

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us