HOME>>フェレットって、どんな動物?>>人気の種類

人気の種類

フェレットの種類は細かく分かれていて、とても豊富です。そのすべてを紹介することはしませんが、ここでは特に人気の高い種類を見ていきましょう。フェレットの種類は、主にファーム(産まれた場所)によって分けられていることが多いですね。

マーシャル・ファームズ

このマーシャル・ファームズは、比較的小型で細身の個体が多く、右耳の後ろに丸状の青いイレズミが2個あるのが特徴です。これはマーシャル・ファームズとしての証なので、病気だと勘違いして病院に連れて行かないでくださいね。大人しく、噛みグセの少ない子が多いため、特に初心者には飼いやすい種類と言えるでしょう。1993年頃から輸入されはじめたアメリカのニューヨーク生まれのマーシャル・ファームズは、当初カラーバリエーションが少なく、混血結婚を繰り返していたため、遺伝病に悩まされていました。1997年頃からはそういった欠点が改善され始め、輸入されたマーシャル・ファームズは、毛色のバリエーションも増え、身体も大きくなりました。1997年以降に輸入されたフェレットを「マーシャル・ファームズ2」として区別することがあります。

パスバレー

マーシャル・ファームズに次いで日本で高い人気を誇っているのが、アメリカのペンシルバニア州生まれのパスバレーです。体格がガッチリしていて、病気やけがにも強い丈夫という特徴があります。また、毛色やパターン(模様)の種類が多く、見ているだけでも楽しくなります♪顔立ちもよくて、全体的にバランスのとれた体つきをしているんですよ。固体にもよりますが、一般的に噛みグセは少ないとされています。この種類は、まれに避妊・去勢手術の糸が残っていることがあるため、糸を見つけた場合は、病院で抜糸してもらいましょう。以前、この種類のフェレットは高価でしたが、今は比較的安く販売されています。

ニュージーランド・フェレット

ニュージーランド・フェレットはその名のとおり、ニュージーランド南島生まれで、独特のパンダ模様が特徴的です。他のフェレットに比べ、体が大きくてぽっちゃりしている固体が多く、オスの場合2キロを超える個体もいるんですよ。また、ぬいぐるみのような丸い顔立ちがファンたちの間で人気を集めています!原種に近いため毛は長めで、触り心地や抱き心地がとてもよくて、比較的安く販売されています。噛みグセは強いので、根気よくしつけましょう。このほか、ニュージーランド北島生まれのフェレットにミスティックという種類がいます。大きめの体で、噛みグセは少ないと言われています。お腹の部分にナンバーのイレズミが入っているのが特徴です。

カナディアン・フェレット

カナダのバンクーバー生まれのカナディアン・フェレットは、オス・メス問わずがっしりした骨太な体格をしています。カラーバリエーションは少なく、耳のイレズミが特徴です。この種類のフェレットも一般的には噛みグセが強いと言われているので、根気よくしつける必要がありますね。やんちゃな固体が多いとされています。似たようなフェレットは結構いるのですが、本物のカナディアン・フェレットは今とても高く、入手するのが難しくなっています。

アンゴラ・フェレット

デンマーク生まれのアンゴラ・フェレットは、普通のフェレットよりもふさふさした長くて柔らかい毛を持っています。突然変異で誕生した長毛種を固定したもので、大きく育つところが魅力ですね。もともと数が少ないため、当然のことながら飼っている人も少なく、珍しがられるでしょう。とても珍しい種類なので、値段も高くなっています。このアンゴラ・フェレットは気性が荒く、噛みグセの強い個体が多いですが、きちんとしつければある程度落ち着きます。希少な分だけ、高い人気を誇っている種類でもあります。

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us