HOME>>フェレットって、どんな動物?>>毛色

毛色

フェレットはファーム(出生地)のほかに、毛色によって様々な種類に分けることができます。定番から珍しいものまで…フェレットの毛色について見ていきましょう。ここでは、特に人気の毛色を紹介しているので、選ぶ際の参考にしてくださいね。毛色やその模様によって、表情まで違って見えることもありますよ。

セーブル系

セーブルは、フェレット定番の毛色です。こげ茶色の毛色をしていて、顔には隈取(くまどり)があります。ペットショップなどにいるのは、このセブールが多いですね。また、セブール系のフェレットは、毛色の濃淡によって違う呼び方をされることもあるんですよ。

普通のセーブル

上毛は濃い茶色、下毛は白かクリーム色をしています。目は黒または濃茶色、鼻はこげ茶色または茶色が基本色となっています。顔には額から目のまわりに隈取があって、タヌキのようで可愛いですよ♪なかには、隈取がまろ眉になっていたり、胸の部分に白いエプロン毛の入っている個体もあります。

ブラックセーブル

普通のセーブルよりも、濃い毛色でツヤのある黒が特徴的です。そのほか、下毛は白かクリーム色、目は黒またはこげ茶色、鼻はこげ茶色または茶色が基本色となっていて、普通のセーブルと変わりありません。このブラックセーブルにも、顔には額から目のまわりにかけて隈取があります。

ライトセーブル

このライトセーブルは、セーブルと次の項目で紹介するバタースコッチの中間色になります。淡い毛色が特徴なこのフェレットの上毛はこげ茶色か茶色、下毛は白からクリーム色をしています。目はこげ茶色または黒で、鼻の色は茶色かベージュ、またはピンクです。一般的に顔の白い個体が多いですね。

バタースコッチ系

セーブル系よりも、暖色系の淡い毛色が特徴的なバタースコッチ系のフェレット。名前の由来は、イギリスの伝統的なお菓子のバタースコッチというキャンディーのような柔らかい茶色をしていることから付けられました。色の違いで、いくつかの種類に分けられます。

普通のバタースコッチ

毛色は、茶色からミルクチョコレート色になります。下毛は白またはクリーム色で、目はこげ茶からブドウ色をしていてキレイです!鼻はピンクのことが多いですね。バタースコッチというだけあって、全体的には黄色みを帯びています。色の濃淡やパターンも豊富にあるので、選ぶのが楽しいですよ♪

シナモン

このシナモンと呼ばれる毛色も、バタースコッチ系なんですよ。上毛は赤みがかった薄茶色で独特の光沢があり、光の加減で金色に見えることがあるため、ピンクゴールドとも言われています。あとは下毛、目、鼻の色は普通のバタースコッチと同じになります。小さいときはシナモンでも成長していくにつれて、色変わりをして普通のバタースコッチになる固体も多いんだとか。

シャンパン

バタースコッチ系のフェレットの中では、一番淡い毛色をしているのがシャンパンという種類になります。上毛が小麦色のほかは下毛、目、鼻ともに普通のバタースコッチやシナモンと同じ色をしています。ファームによっては、ピンクゴールドやジンジャーなどと言われることもあります。

ミット系

ミット系のフェレットは、まるで手足の先に白い手袋をしたような毛色が特徴になります。基本的には四肢の色の総称ですが、喉から胸元が白い場合を含めて、ミットという言い方をします。

シルバーミット

上毛の先端が黒、白、グレーの混色になっているのですが、たまに銀色に見えることもあります。また、毛色は成長するにつれて次第に薄くなっていき、四肢の先が手袋(ミット)をしたように白い色に変わっていきます。シルバーミットのフェレットは、子供のとき全身が銀色に見える子もいるんですよ。目は黒やブドウ色、鼻は黒、茶色、ピンク色などをしています。

ダークシルバーミット

ダークシルバーミットは、シルバーミットの色変わりと言えます。四肢とその肩まわり、シッポの色が濃くなります。四肢の先は、手袋(ミット)をしたように白くなります。ちなみに、お腹の色は白です。

アルビノ

フェレットにも、アルビノという種類がいます。真っ白またはクリーム色の全身の毛色が目を引きます!フェレットに関しては定番のカラーですが、もともとアルビノ色は先天性の色素欠乏からなるもので、普通はとても珍しい色と言えるでしょう。また、白い毛色とともに注目されるのは、アルビノの赤い目ではないでしょうか。とてもキレイなんですよ♪ちなみに、鼻はピンク色をしています。その上品な色合いが多くの人に好まれていて、2匹目はアルビノを選ぶ人が多いといいます。

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us